入会について

カウンセラー募集

開業支援

社内研修

代表理事ブログ

理事:臼井みどりのブログ

カウンセラーブログ

スタッフブログ<アメーバ>

求人募集

三重心身クリニック


一般社団法人
日本医療心理カウンセラー協会

2021年 代表理事年頭挨拶
2021年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 昨年は、三重心身クリニック/日本医療心理カウンセラー協会にとっても極めて影響の大きい1つの出来事があった、前例のない年でした。

 その出来事とは新型コロナウイルスの影響の拡大です。2020年の年初には、このウイルスにより、これ
ほど大きな社会変容がもたらされることになるとは思いもしませんでした。今も感染拡大は現在進行形で、世界経済の打撃も私たちの日常生活に悪影響を及ぼしています。
 これまで当たり前だと思っていた日常生活が一変し、人と人との接触が制限/敬遠される事態が続き、今も続いています、私たちのように、対人サービスに強みを感じていた業種においては、多くのところで、情勢が一転したのではないでしょうか?テレワークやオンラインなど、場所や時間にとらわれないワークスタイルは、私たちのような高い専門知識が求められ、かつ地域に根ざす小規模会社が得意な領域ではありません。

 また、保険診療を取り巻く環境は依然ますます厳しさを増しています。昨今の保険財政の悪化から保険者(保険組合など)のレセプト審査が厳しくなり、私たちが医療行為を行っても、対価が支払われず、医療機関の経営を圧迫したり職員の処遇に悪影響を与えています。

 これら2つの大きな要素を通じ、改めて認識したことは、医療機関の事業が極めて公共性が高く、お客さまの健康で安心な生活に直結するということです。前例のない変化の時代、私たちは、常に社会的な役割を果たし、日々変化する社会の期待に応え続けることで、社会の持続的な成長に対し重要な役割を担っていかなければならないと考えます。

| 5つの取り組み |
 このような状況の中、2021年を迎えるにあたり、三重心身クリニック/日本医療心理カウンセラー協会が注力していく5つの取り組みについてお話しします。

 まずは、やはり「お客さま本位」の徹底。医療水準を上げていくことも大切ですが、大規模病院とクリニックでは求められていることが違います。今一度進むべき方向を見定め、真にお客さま本位の姿勢を貫いていきたいと思います。これが「地域の皆様に一番身近に感じてもらえるメンタルクリニック」を実現するための礎と信じます。
 2つ目は、既存の事業でお客さまの信頼を守りつつ、保険医療以外の事業として医療心理カウンセリングとカウンセラー養成の拡大を加速していくことです。   
 3つ目は、障害者の結婚事業へのさらなる注力。
 4つ目は、障害者福祉。これまで以上に他業種の皆様との連携の形に変化も必要になってくるでしょう。
 5つ目は豊かな食に向けた取り組みです。

 本年も、保険医療機関ならではの安心・安全を基礎として体験価値を実感できる環境を今後も創り上げていきます。新規領域では、パートナーの皆様との連携のさらなる促進に取り組み、全社一丸となって、事業に取り組んでいきたいと思います。

 引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
2021年1月
三重心身クリニック院長
一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会
代表理事 臼井 卓士
このページのTOPへ


一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会三重心身クリニック 〒513-0824 三重県鈴鹿市道伯町字筧田2064-1 TEL:059-375-1100 ご予約はお電話にて!
Copyright 2012 - 一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会 All Rights Reserved.