カウンセリングについて

カウンセリングの流れ

安心の固定店舗

カウンセラー紹介

カウンセリング料金

社内研修

代表理事ブログ

理事:臼井みどりのブログ

カウンセラーブログ

スタッフブログ<アメーバ>

カウンセラー募集

三重心身クリニック


一般社団法人
日本医療心理カウンセラー協会



一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会の対面カウンセリング
カウンセリングルームのご紹介
カウンセリングルーム1 カウンセリングルーム2 カウンセリングルーム3
自宅のような落ち着いた雰囲気でカウンセリングを受けていただくことができます。

カウンセリングとは
ストレスや悩みは日常生活の中で気付かないうちに溜まっていきます。
うつ病などのこころの病気になる前の「こころからの黄色信号」をそのままにしてしまうことも多いのではないでしょうか。
ストレスや悩みは、大きな負担となって仕事や家庭など、あなたの生活に影響を与えていきます。
運動やレジャー、おしゃべりなどでストレスが解消されれば特に問題ないと思いますが、家族や友人に悩みを話しても解決しない時ってないでしょうか?
あるいは誰にも言えずに悩んでしまったとき、こころが疲れてしまったとき、そんなときにトレーニングを積んだ専門家を利用するのがカウンセリングです。

当社では、カウンセリングを通じて、クライアント自身の強み(よくできていること)に気付き、自分らしく充実した生活を送れるようなサポートをしております。
クライアント自身の隠された回復力と成長をカウンセラーと協同作業をすることで手に入れられるようお手伝いいたします。
このページのTOPへ

カウンセリングでできる事

カウンセリングを受けることにより、何が問題であるのか自分でも気付かなかった気持ちや、自分の心の癖や陥りやすい行動パターンなどに気付くことができます。
カウンセラーに悩みを話し共感理解を得ることにより、心が軽くなる効果(心の浄化)も期待できます。
また、問題解決に向けて一緒に歩んでいく存在を得ることにより、孤独感が軽減されるという効果もカウンセリングにはあります。
このページのTOPへ

一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会のカウンセリングの特徴

当社ではカウンセラーによる『対面カウンセリング』を行っております。

対面カウンセリングについて

個室で落ち着いた雰囲気の中、カウンセラーと顔を合わせてお話していただけます。
カウンセラーはお客様が話す表情やしぐさを見ながらカウンセリングを進められるので、短い時間の中で的確にカウンセリングを行うことができます。


当社は、精神科医療機関が母体となっておりますので、お薬による治療など医学的行為(保険医による保険診療)が望ましい状態の場合は、併設しております「三重心身クリニック」へのご紹介が可能です。
医師による治療をご提案し、スムーズに診察を受けて頂けるよう、スタッフ間で連携をとり対応させて頂きます。

カウンセリングについてよくある質問をまとめました。
>>カウンセリングQ&A

このページのTOPへ

カウンセラーの役割
カウンセラーは、まずクライアントの話を傾聴し、そしてクライアントの心の中にあるストレスや葛藤を理解します。
そして問題は何なのか、心の癖(考え方、認知ともいいます)や行動パターンにストレスを溜める原因はないのかを把握します。
そしてそれを言語化やイメージ化してクライアントに伝え、複数回のセッションで解決に向け一緒に歩んで行きます。
しかし、クライアントとカウンセラーは、たとえ心の奥深いところ(深層心理)まで話したとしても「恋人や友人」ではありませんし、「子供 にとっての父親や母親」のような権威を持った存在でもありません。
カウンセラーとはクライアントの「こころを映し出す鏡」です。
カウンセラーがクライアントの気持ちを受け止めて聞くということは、実はクライアントがクライアント自身と向き合うということでもあるんです。
カウンセラーという鏡に自分の心の有り方を映し出してみるという作業を通して、それまで以上に自分のことが深く理解できるようになり、自分らしく生きていく方法を自分で見つけていけるようになるのです。
このページのTOPへ

相談できる内容は…
相談内容は本当にさまざまですが、大別すると

(1)自分についての悩み
  • 対人不安(人が恐い、視線を合わせられない、人を気にし過ぎる、意見・感情が表現出来ない
  • 自分を信用できない
  • 自分に自信がない(判断・決断が出来ない、前に進めない、不安によるストップ、漠然とした虚しさ)
  • 心理的ひきこもり(社会生活が苦痛、孤独感、疎外感、人とのつなりが希薄、自分の居場所がない)

(2)人間関係の悩み
  • 職場の人間関係の悩み(自己主張できない、人との距離感がわからない、雑談が苦手、人の評価を気にしすぎる、周囲に合わせ過ぎる、助けを求められない、断れない、過剰な責任感)
  • 恋愛の悩み
  • 夫婦間の悩み(依存、束縛、見捨てられることへの不安、親密への不安、離婚、DV)

(3)人生について
人間関係や自分自身に問題がなくても、人生そのものについて悩みや疑問を抱く場合もあります。
  • 人生について(人生の意味や価値がわからない、自分の存在の意味、人生の意味とは、仕事の悩み、転職)
  • 人生を開くには
  • これからの生き方を考えたい
  • 人生の目標の設定
  • 夢を持つとは

(4)その他
  • アダルトチルドレン
  • うつ病
  • 強迫観念と強迫行為
  • 見知らぬ人の視線が恐い
  • 電車に乗れない
  • 抑うつ傾向
  • ストレス
  • イライラ
★ご家族のカウンセリングも可能です。
もちろんご本人に当社のカウンセリングについてお伝えいただきご本人からご予約を頂くのが一番望ましい形ですが、ご本人が前向きでない場合は、その本人には無理強いせず、問題と感じていらっしゃるご家族の方がお問い合わせ頂くケースも多いです。


例えば、ちょっとした事で落ち込みやすい、対人関係で失敗しやすい、ストレスを常に感じている時、家族や友人に悩みを話しても解決しない、あるいは誰にも言えずに悩んでしまった時、心が疲れてしまった時などにカウンセリングを受ける方が多いです。
じっくりとお話をしたい方やお薬に頼りたくない方にもお勧めです。



自分がもっとも困っていることやカウンセリングに期待することをカウンセリング時にはっきり伝えてください。
また、互いの信頼関係を築くことが何より大切な為、正直に気持ちや話を伝えることが大切です。



間隔は、相談内容や現状、クライアントの方が希望する変化によって異なります。
一般には、1~2週に1回を目安におすすめしていますが、カウンセラーが指定するものではございませんので、最終的には御自身でご判断頂ければと思います。
回数ですが、症状が良くなった状態でしばらく様子を見て大丈夫であれば終了となりますが、メンタルヘルスを目的として、良くなってからも2週間~1か月に1回程度に間隔を開けて継続される方が多いようです。
ちなみにクライアントの方が終了をお申し出頂いた時にカウンセリングは終了となりますので、中には初回で終了される方もいらっしゃいます


このページのTOPへ



一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会三重心身クリニック 〒513-0824 三重県鈴鹿市道伯町字筧田2064-1 TEL:059-375-1100 ご予約はお電話にて!
Copyright 2012 - 一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会 All Rights Reserved.